月別アーカイブ: 2014年5月

メルマガ限定読み切り小説「恋愛として完璧」

え? ストーカー? いつから始めたかって? そうだなぁ、彼女にふられてすぐだから、4ヵ月前ぐらいかな。

 最初はミクシィとかフェイスブックとかで、彼女の履歴や友達関係を洗うぐらいだったんだけど、どんどん楽しくなっちゃってさ。最近では会社や最寄り駅までこっそり覗きに行ったり、たまにアパートのゴミ捨て場もチェックしてるよ。

始めたきっかけねぇ・・・。ふられた腹いせというか悔しい気持ちというか、そんなところじゃないかな。

ほら、よく言うだろ?「男は恋愛の始まりと終わりにしか興味がない。女は途中を楽しめる」って。言わない? なんかで読んだんだけどな、おかしいな。

だからさ、おれもいざふられるとなったら、なんだか惜しくなっちゃってさ。急にジタバタしたくなったってわけ。「別れないでくれ!」って大騒ぎするのはおれのキャラじゃないし、なにができるかなって思ったらさ、彼女のことをもっと知ってみようって。

ん? まあ、トータルで1年半つきあってたけど、あんまり深い話したことなくてさ。結局どういう女だったんだろう?って興味湧いちゃったら、もう止まらなくなって。「知的好奇心」的な?

もちろんゴミをあさったり、待ち伏せしたりするのはしんどいけど、なんといっても達成感というか「へぇ、こんな趣味あったんだ」「お、こんな奴と会ってる」とか発見が多くて、楽しいんだよね。

そうそう、聞いてくれよ、不思議なんだけど・・・

ーー

この続きは

●オフィシャルメールマガジン(初月無料)
http://www.mag2.com/m/0001609851.html

でのみ、お読みいただけます!

☆5月中に購読申し込みをすると、5月のバックナンバーがすべて届きます!(無料)

http://www.mag2.com/m/0001609851.html

ーー
五百田 達成 Iota Tatsunari
作家・心理カウンセラー(米国CCE,Inc.認定 GCDFキャリアカウンセラー)
女性のための人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ」主宰

□五百田 達成オフィシャルサイト
http://www.iotatatsunari.com/
□ツイッター
http://twitter.com/ebisucareer
□フェイスブック
https://www.facebook.com/iotatatsunari.net

戦略的、めんどうな人の動かし方

実はあなたもやっている!? ウザい話し方 (PHP文庫)

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone

「戦略的、めんどうな人の動かし方」、amazon受け付け開始。

6月発売の最新刊、

「戦略的、めんどうな人の動かし方」(クロスメディア・パブリッシング)

amazonでも予約受け開始です!!

戦略的、めんどうな人の動かし方

カバー画像も出来上がりました。

タイトル:『戦略的、めんどうな人の動かし方』
発売日:6/13(金)
価格:1,380円
版元:クロスメディア・パブリシング

上司、同僚、取引先、家族……
身のまわりに多い〝めんどうな人〟から
YESを引き出し、実際に動いてもらう作戦を
人付き合いのプロが50個紹介!

「人を説得するのは気が重い。
めんどうな人相手なら、なおさら。」

手元に1冊置いておけば、
仕事もプライベートも楽になること間違いなし!

この50の作戦で動かない相手はいない!
●ロマンとソロバン作戦●俺の酒が飲めないのか作戦●大後悔時代作戦
●プランB作戦●じゃないですか作戦●3つあります作戦●数の暴力作戦
●落語家作戦●KISS作戦●大義名分作戦●イソロク作戦

戦略的、めんどうな人の動かし方

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone

「社会的手抜き」ってなに?

あなたは知らない間に「手抜き」をしています。どうでしょうか。突然そんなことを言われて、ドキッとしたでしょうか。

 「もしかすると、そうかもしれない…」「そんなことないよ。ちゃんとやってるよ。」 それぞれに、いろんなことを思うでしょう。

仕事の種類などにもよりますが、多くの場合に、人はみんなで仕事を行います。組織の一員として案件を進めていったり、パートナーと共同でプロジェクトを進めていったり。いろんな場面で、誰かと「共同」して仕事を進めていきます。

しかしながら、このように誰かと共同して仕事をする、つまり「みんなで何かをする」と単独で仕事をするよりも効率が悪くなってしまい、「手抜き」が発生してしまうのです。確実に。このことを、心理学の考え方では「社会的手抜き」と呼んでいます。

普通に考えると、みんなで仕事をした方がひとりの時よりも効率がよく、たくさんの量をこなせそうです。ですがそこで「それって本当??」と疑問をもって分析をしたのが、フランスのリンゲルマンという学者でした・・・

ーー

こちらの続きは、

●ヤフーニュース個人
http://bylines.news.yahoo.co.jp/iotatatsunari/

あるいは

●オフィシャルメールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001609851.html

でお読みいただけます!

ブラウザで読みたい方は→
http://bylines.news.yahoo.co.jp/iotatatsunari/

メールで読みたい方は→
http://www.mag2.com/m/0001609851.html

ーー
五百田 達成 Iota Tatsunari
作家・心理カウンセラー(米国CCE,Inc.認定 GCDFキャリアカウンセラー)
女性のための人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ」主宰

□五百田 達成オフィシャルサイト
http://www.iotatatsunari.com/
□ツイッター
http://twitter.com/ebisucareer
□フェイスブック
https://www.facebook.com/iotatatsunari.net

実はあなたもやっている!? ウザい話し方 (PHP文庫)

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone