iPadとブランド。

昨日の、

大正大学キャリア講義「ニュースって面白い!」第5回は、

本日発売のiPadに関するニュースをもとに、

これだけ売れるiPad、iPhone、appleというブランドは、

どのようにしてでき上がっているのかについて、議論しました。

まずこれらが与えるイメージキーワードをたくさん挙げて、

次にそのイメージを同じように持っている企業・商品をピックアップ。

最後のその共通点を探すことで、ブランドの作り方についての仮説を、

班ごとに作ってもらいました。

学生のみなさんの自由な発想により、

「なるほど、そう来たか・・・」「お、その企業があったか」と、

うならされる視点がたくさん詰まった発表が行われていました。

今回の「ニュースを読むツボ」は、なぞらえ。

興味のない話題・ニュースでも、

自分の興味のある、好きな話題・ジャンルで言うと、

どういうことかを考えることで、

引きつけて咀嚼することができるようになります。

前回のインサイトに引き続き、

こうした、ニュースって面白い!と思えるような視点を、

これからも開発・指導していきたいと思います!

!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone