親業のゴール:母は娘にどうあるべきか?

2月27日 朝日新聞 be の

「悩みのるつぼ」のご紹介です。

「娘が仕事も結婚もうまくいっていなくて心配」という、

69歳女性からの相談に、

社会学者の上野千鶴子が、

手厳しくも、

本当の愛にあふれた回答を寄せています。

世の働き女子にとって、

お母さんは、近くて、大切で、

ときとして、やっかいな存在。

「親業のゴールは、

子どもからある日、

「もうあなたは要らない」と

言ってもらうこと」(本文より)

母は娘に対して、どうあるべきか。

「むむむ」とうなること間違いなしの、

名文です。ぜひ!
!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone