内田樹氏の物言い。

以前にも取り上げた、

内田樹さんが、

いよいよ(?)、朝日新聞「be」(5/29)に登場です。

難しいことを分かりやすく説明したいと思う姿勢、

少数派や傍流を重視するスタンスなど、

個人的に、彼に感じていた好感の背景が、

次々と解き明かされていくような記事でした。

とくに、

全国の女子大が、

経営的に厳しいからといって、

マーケ目線で共学化することを嘆く彼は、

女子大は、

「同質的な社会の中での場違いな存在」として、

「競争をよしとする支配的な思想や、

出世主義といった男性原理と違うところに価値を置くべき」と語っていて、

それはそっくりそのまま、

女性に限らず、人が、この社会で

自由で楽ちんに生きていくための方法を示しているようで、

胸のすく思いがしました。

「最近、なんだか疲れちゃって・・・」と感じる方は、

ぜひ、読んでみてください!!!!
!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone