日経メディカル「女医は医療を救えるか?」

医師の友人のススメで、

日経メディカル「女医は医療を救えるか?」

を読みました。

「女性医師は年々増え、今や医師全体に占める割合は20%近くに達しています。

30歳未満の若手医師に限れば既に30%を超えています。

女性医師は出産や育児などを機に離職するケースが多く、

現在の医師不足の原因になっているとの指摘もあります。

特集の取材チームは、この女性医師問題に真っ向から立ち向かいました」

とのこと。

近年、医師の激務ぶりは、

ドラマやマンガなどを通じても、よく知られるようになりました。

そんな過酷な医師の世界で、女性はどのように働いているのか。

まさに現代の働く女性のワークライフバランスの、

一つのリアルなかたちが克明に記されていました。

$恋と仕事のキャリアカフェ日誌

!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone