読み切り小説「恋愛禁止条例」

 「お母さん? うん、いま着いた。これか
ら帰るから。え? うまくいったよ。あー、
まあ、後で話すよ、じゃあね」

 就職活動の帰り道。キミコは駅から自宅に
電話を入れると、日が落ちたばかりの商店街
を歩き始めた。この時間、人通りはまだ多く
ない。あたりにはさわやかな風が吹き渡り、
秋の訪れを感じる。
 
 実際、今日はうまく話せた。もしかした
ら、ようやくこの墨汁色のスーツともさよな
らできるかもしれない。

 キミコは鼻歌でも歌いたいような上機嫌に
任せて、ちょっと寄り道でもしていこうかと
考える。が、あとで母に小言を言われるのは
めんどうだし、絆創膏を貼った靴ずれもいい
加減痛いしで、むしろ近道をすることに決め
た。
  
 八百屋の先の角を左に曲がって裏路地を抜
ければ、かなりのショートカットになる。幅
1.5メートルほどの暗い裏通りに勢いよく入
った途端、ひと組の男女がしっかりと抱き合
っているのが眼に飛び込んできたから、キミ
コは慌てて引き返す・・・

※この続きは

●オフィシャルメールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001609851.html

でのみ、お読みいただけます(メルマガ限定コンテンツ)。

【五百田達成 オフィシャルメールマガジン Vol.9】
8月26日発行

☆なるほど!人づきあい心理学 「you and your opion are different」
☆コミュニケーションの現場ニュース 「頼めない/頼れない人」が急増中
☆男と女の地平線 「頭がいい」は最高のほめ言葉
☆特別企画=読み切り小説 恋愛禁止条例 前編(メルマガ限定)

http://www.mag2.com/m/0001609851.html

いまなら、お申し込みいただくと、
8月分のメルマガが全号すぐに届きます。
(来週になると、8月分はバックナンバー扱いに)

小説の続きが気になる方は、
ぜひご購読ください(初月無料)。

http://www.mag2.com/m/0001609851.html

!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone