「子猫と権力と×××(ばつばつばつ)」、意外とまじめな本です。

『子猫と権力と×××(ばつばつばつ)』は、「自分の弱さを見つめ直し、それを克服すること」がテーマになっています。

では、その弱さとはなんなのか?
本書では、「弱い」をこう定義しています。

弱いとは・・・
〝なんだかよくわからないけど心が動かされてしまうこと〟

___

楽しい、好き、安心する、嫌い、おもしろくない、イライラする、怖い……などなど、心が動かされてしまうことを「弱い」と表現しています。

だから、グッチやプラダに目がないのも、逆に全身をブランドでかためている人をあざ笑いたくなるのも、実は「弱い」ということなのです。(本書の「はじめに」より)

___

このなんとなく息苦しい社会を〝生きやすく〟してくれるための「弱さを克服する方法」。

意外と(?)まじめな本なんです!

http://www.facebook.com/kokosameJP

$五百田達成 オフィシャルブログ

!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone