月別アーカイブ: 2019年10月

打率10割のベストセラータッグが、奇跡の舞台裏を語り尽くすイベント。

1500x500

本を書いています。

これまで25冊ほど出しました。

そのうち、4冊が10万部を超えています。ありがたいことです。以下、詳細です。

「察しない男 説明しない女」→40万部

「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち」→20万部

「話し方で損する人 得する人」→15万部

(4冊のもう1冊は、「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」という長いタイトルの本で、これはこれで、ストーリーがあるのですが、それはまたの機会に)

ありがたいことです。読者の皆さま、書店、取次、出版社、印刷所、デザイナー各位に深く感謝申し上げます。

問題はですね、どうしてこんなに売れたのか、ということです。

5万部売れたら、いや、3万部売れたらベストセラーという、実用書・ビジネス書のジャンル。

実際、これら以外の約20冊ほどは、残念ながら初版止まりとなっています

また、これはお恥ずかしいお話なのですが、僕自身、SNSの有名人でもなく、実業界のパワフル起業家でもありません。

なりたかったなあ、どっちも。。。

その道何十年の専門分野があるわけでもないし、現役のエリートビジネスマンでもない。

なれなかった、どっちも。。。

テレビにたまに出ても、名前なんて売れません。街中で指を指されることもありませんし、「五百田さんの本が出たら、迷わず買うよ」という固定ファンや信者がいるわけではないのです。謙遜や自虐ではなく、ほんとに。

では、なぜか。なぜに、この3冊は売れたのか。

実はこの3冊には共通点があります。

それは、同じ版元の、同じ編集者さんとのタッグによるもの、ということ。

いやね、他の本も面白い、という自信はあるんです。どの本も、いいこと書いてるじゃん、と自負しています。あれも面白かった。これも面白かった。

ですが、なぜか、この3冊だけがベストセラーになっている。

そしてなんと、この版元さんのこの編集者さんと組んだ本、いまのところ、外してないのです。3発3中。怖ろしい話です。

整理します。

僕は、これまで、約25冊出して4冊がベストセラーになっている。打率2割にも満たない。今後、精進します。

で、この版元さん・この編集者さんとのタッグに限っていえば、3冊出して3冊ベストセラーになっている。打率、まさに10割。

なんだそりゃ?

それって、どうなってるんだ?

どうやったら、有名人でもパワーブロガーでもない著者の本を、1度のみならず、3度までベストセラーにしているのか?

聞きたくないですか? 聞いてみたくないですか?

ーー

というわけで、10月29日(火)19時半〜開催のトークイベント「ベストセラーの作り方 打率10割の奇跡」では、

出版社・ディスカヴァー・トゥエンティワンの、編集者・大竹朝子さんをお迎えして、この3冊の成り立ち、経緯についてお話を聞きます。

どうやって、この3冊をプロデュースしたのか。企画の立て方、進め方、売り方……。

(大竹さんはちなみに、僕の本以外にもヒットを連発していて、昨年度の社内MVPを獲得してらっしゃいます)

大竹さんは社外秘ギリギリのところまで、僕は社外秘も社内秘も関係なく、長年のパートナーシップを頼りに、ざっくばらんにお話しします。

・将来、本を書く人になりたい。けれど、目を見張るような実績や、専門分野があるわけではない、という方。

・出版業界にいらして、虎視眈々と、ヒット作を生み出そうと狙っている方。

・業界は違えども、異例のヒットストーリーに関心がある方。

ぜひこの機会にお越しください!

ーー

イベント名:「ベストセラーの作り方 打率10割の奇跡のコンビが制作の舞台裏を語る」

時間:10月29日(火) 19時開場 19時半開始〜

場所:・・・

※こちらは、オンラインサロン「五百田 達成のコミュニケーションカフェ」の会員限定のイベントとなっています。ご入会(月会費5000円)いただきまして、詳細確認のうえ、お越しください。

https://a-port.asahi.com/salon/iotatatsunari/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone