月別アーカイブ: 2009年8月

渥美直子さん:肝っ玉とまっすぐさと。

友人の渥美直子さんが、本を出版されました。

タイトルは、「はげまし言葉ハンドブック」(PHP研究所)。

最近、叱り方、ほめ方などが、ビジネスコミュニケーション界では話題になっていますが、

この励ますということも、得意・不得意がハッキリ出ますよね。

「それじゃ、励ましてるのか、けなしてるのか、分からないよ!」とキレられた経験のある方、

「だいじょうぶだよ」「がんばんなよ」と言い飽きてしまった方、

ぜひ読んでみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

渥美さんは、現在、フリーランスのコーチとして活躍されていて、

まっすぐに人生を楽しめる、屈託のない上品さと、

腹をくくった肝っ玉ビジネスマンの両方を併せもつ、女傑です。

その絶妙なバランス感覚たるや、

現代の働く女性のモデルとして推奨したいほどで、

話していると、次々とあふれ出てくるエネルギーに、

つい口をあんぐりと開けざるを得ません。

先ごろ第一子もご出産され、これからどれぐらいビッグな人になるのか、

末恐ろしいほど。

今後のご活躍をお祈りいたします!!

http://atsuminaoko.at.webry.info/
http://www.sorpresa.jp
!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone

森ガール:カツカツ系とペタペタ系

世の女子は「履いてる靴」で二分できると言った友人がいます。

いわく「カツカツ系」と「ペタペタ系」。

カツカツ系は、ヒールをカツカツさせる女子で、いわば、CanCam・エビちゃん系。

ペタペタ系は、ぺたんこの靴をぺたぺたさせる女子で、いわば、Olive・蒼井優系。

どちらが今旬かといえば、もちろん「森ガール」が流行語となっているように、

ペタペタ系です。

ですが、この森ガール、時代のキーワードとしては、それほど流行らないと見ています。

というのも、

数年前のエビちゃんブームにしろ、

最近のアゲ嬢ブームにしろ、

女性のファッションが社会現象レベルにまで持ち上げられるのは、

それが分かりやすくて、かつ、男性ウケするからであって、

でなければ、女性のファッションの流行という極めて微妙で繊細なものを、

テレビなどの旧来メディア(おじさんメディア)で取り上げるのは無理だからです。

その点、森ガール、

男ウケしない(少なくともおじさん達には)わ、

上級過ぎて(アイテム勝負のモテ系ファッションに比べて、高度かつ緻密かつ重層的です)分かりにくいわで、

とうてい、おじさんたちが取り上げたくなるような流行ではありません(端的に言うと、絵が地味です)。

mixiのコミュニティから火がついた、だとか、

草食系男子からウケがいい(実際、身の回りの草食系男子たちから、蒼井優はとても評判がいいです)、だとか、

時代のナチュラルな空気を反映、だとか言っても、なかなか苦しいでしょう。

もちろん、そんなことはまったくお構いなしに、

これからも森系のファッションは元気に増え続けるはずで、

それは、エビちゃんが去ってからCanCamがどうも元気がなさそうな反面、

Oliveなきあとおしゃれ上級者の支持を受けている、

「In Red」(と宝島社の雑誌シスターズ)が、元気な様子を見れば、分かります。

そもそも、こういうファッションの女子達は、テレビやおじさん達の言うことなんか、

昔から気にせず、ずっと自分たちが好きな服しか着てなかったわけで、

いまさら、「森ガールって言われても・・・」という感じでしょう。

流行りのワードや、カテゴリーにはめて理解しようとするおじさんたちと、

等身大のおしゃれを楽しむ女子との溝は、いつの世も深く遠く隔たっているのです。

恋と仕事のキャリアカフェ日誌

恋と仕事のキャリアカフェ日誌

恋と仕事のキャリアカフェ日誌

!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone