カテゴリー別アーカイブ: 『気疲れしない人づきあいの技術』

ソーシャル、デジモノ、まゆゆ。

昨日は、
「デジモノステーション」誌の取材でした。

テーマはSNS。
ソーシャル時代に、街場のコミュニケーションはどう変わったのか、
流れになじめない人たちは今後どうすべきなのか。

社会トレンド&若者リアルエピソードを交えて、
お話ししました。

珍しく写真撮影があったので、少し緊張しましたが、
長いつきあいの方からのオファーだったので、
あれこれと楽しくしゃべっている間に、
あっという間に時間が経ちました。

僕の激レア撮り下ろしショット(笑)が掲載されるのは、
今月25日発売の2月号です!!

※写真は今月号。渡辺麻友の「ビジョメガネ」が必見です。

$五百田達成 オフィシャルブログ

ーー
今回の取材のきっかけとなったのが、
10月に刊行されたこちらの本。

「ここさめ」のかげに埋もれがちですが、
「人づきあい」のヒント、最新の大人の社交事情がたっぷり詰まった力作です。
まだチェックされてない方は、ぜひ♪

フェイスブックで「気疲れ」しない人づきあいの技術 (フォレスト2545新書)/フォレスト出版

五百田 達成著 ¥945

!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone

いよいよ今週発売!

最新刊、

「フェイスブックで『気疲れ』しない人づきあいの技術」(フォレスト出版)

が、いよいよ10月6日に発売されます!!

$五百田達成 オフィシャルブログ

今回はその内容を詳しくご紹介します!!

ーー

全世界でユーザー数10億人、日本国内で1000万人を超える世界最大のSNS「フェイスブック」。あなたはいま、フェイスブックとどんな関係ですか?

「よく分からないのでやってない」「周囲がやれやれと言うけれど、なかなかやる気になれない」という〈これから〉派。

「とりあえず始めてみたけど、面白さが分からないし、使い方もイマイチ」「アカウントは持ってるけど、最近はまったくログインしてない」という〈とりあえずやってはいるけど〉派。

「一時期かなりやりこんだけど、最近はごぶさた気味」「いろいろ人間関係で気を使って、面倒になり休眠中」という〈ごぶさた〉派。

□個人情報ダダ漏れが怖い
□新しい技術を覚えるのが面倒くさい
□人づきあいが面倒くさい
□恥ずかしい
□とりたてて発信することがない
□バーチャルな雰囲気が苦手
□ゆるい人づきあいが気持ち悪い

ですが、本書を読めば

□とりあえず始めてみたくなる
□フェイスブック上での交流が楽しくなる
□「ソーシャル疲れ」が治り、自分のペースで取り組めるようになる

このような、いいことづくめの効用が得られます!

【内容紹介】
「フェイスブック」と聞いて「セルフブランディング」「情報発信」など連想して
うんざりしたあなた。どうか、ご安心ください!
この本ではそうしたごく普通の人に関係のない話はいっさい取扱いません。

かつて、電子メールや携帯電話が普及しはじめたころのように
フェイスブックは私たちの「人づきあいの常識」を大きく劇的に変えようとしています。

そこで、本書で皆さんにお伝えしたいのは、あくまでも「人づきあいの常識」を変えるであろうフェイスブックの仕組みと側面、そしてそれを利用することのメリット。
「気疲れしない人づきあいツールとしてのフェイスブック」を目的に
最小限度、もっともシンプルなフェイスブック活用術をお伝えしていきます。

いまのままフェイスブックをやり続けたら、いつか疲れる日がやってきます!

基本的に使うのは、たった3つの機能だけ。
「メッセージ」「いいね!」「シェア」。
たったこれだけで、豊かな人間関係を育み、人生を100倍楽しむ秘訣を伝授します。

これから始めようと思っている人から、フェイスブック疲れでクタクタのひとまで
あらゆる人間関係に役立つ1冊!

【目次】
プロローグ フェイスブックが変えた「人づきあい」の常識
第1章 どうしてもフェイスブックにはまれない7つのタイプ
第2章 オトナが身につけるべき人づきあいの5ステップ
第3章 まずは「メッセージ」でつながる
第4章 次に「いいね!」で関わる
第5章 仕上げに「シェア」で分かち合う
第6章 フェイスブックからリア充につなげる実践テクニック
第7章 フェイスブックの社交 12の落とし穴 ~トラブルシューティング~
エピローグ フェイスブックぐらいやれなければ、あなたはいつまでも孤独なままだ

ーー

フェイスブックで「気疲れ」しない人づきあいの技術 (フォレスト2545新書)/フォレスト出版

¥945
Amazon.co.jp

!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone